疲れを取る食べ物

疲れを取るために有効な食べ物とは

疲れをとるためには栄養補給も大切です。
普段の食事の中で、疲れをとるための栄養を含んだ食材を使うようにすれば、
疲れ知らずの体になれることでしょう。

 

疲れをとるための食材と言われてもピンとこないかもしれませんが、
実はとっても身近なものがその食材なのです。

ニンニク

にんにく

ニンニクはスタミナがつく食材として知られていますが、それは疲れをとる作用があるためというのもあります。あの独特のニオイ、その正体はアリシンという成分です。このアリシンには殺菌作用、胃液の分泌、消化や食欲の促進という効果があるのです。

 

さらにこのアリシンにビタミンB1が結合するとアリシンの吸収がよくなって血行も良くなります。
体のめぐりがよくなるため、疲れを引き起こす物質も、
体外に排出されやすくなり、疲れがとれるのです。

豚肉

豚肉

豚肉は疲れをとるには非常に有効な食材です。
疲労回復には不可欠であるタンパク質とビタミンB1が豊富に含まれているためです。

 

ビタミンB1は血中の糖分をエネルギーに変える効果があり、このビタミンが不足すると、エネルギー消費の効率が悪くなってスタミナ不足になってしまうのです。

 

ニンニクや生姜といった体に良いものと組み合わせて食べれば
疲労回復しつつ体を温めたりすることも可能です。
どんな調理をしても美味しく食べられる万能食材ですから、
普段から意識して食べるようにするといいでしょう。

ハチミツ

ハチミツ

ハチミツは栄養価が高く、また吸収されやすいことでも知られています。栄養補給をしたいときやエネルギーが欲しいときには非常に有効です。

 

レモンを絞ってお湯で割ったレモネードにハチミツを入れて飲んだりすると、ビタミンCも同時に補給でき、体も温まるので冬の寒い時期にはオススメですよ。

 

他にも、栄養価の高い卵や乳酸を燃焼させる効果のある酢なども疲労回復には良い食材です。また疲れたときには甘いもの、と良く言われていますが、それと同時にビタミンやミネラルなども補給しないと、倦怠感などを感じやすくなる傾向がありますので注意しましょう。

疲れ対策のためのおすすめサプリ
第1位協和のオルニチン(初回500円)
オルニチン
第2位牡蠣のチカラα(定期初回980円)