マッサージ 疲れを取る

マッサージで疲れを取る

疲れをとるならマッサージ!と思っている人も多いのではありませんか?
確かにマッサージは疲れた体によく効きます。
とはいえ、毎日マッサージに通う、なんてのは無理ですよね?

 

そんな人にオススメしたい、セルフマッサージの方法をご紹介します。

肩こりに効くマッサージ

デスクワークをしている人は特に、肩に疲れが溜まることが多いのでは?
そんな肩こりに効くマッサージはとてもシンプル。

 

まずマッサージしたいほうとは反対の手(右肩なら左、左肩なら右)を肩に乗せてください。
そのまま肩を掌でやさしく押しながら親指を首にあてて、
その親指に向かって掌を上げていってください。

 

たったこれだけですが、疲れがよく取れます。

背中に効くマッサージ

1日立ち仕事をしている人、デスクワークをしている人、営業の人…
みんなが疲れる場所のひとつが背中です。

 

姿勢を保つために奮闘している背中をほぐす方法をご紹介しましょう。
一番いいのはバランスボールを使ったマッサージです。

 

マッサージボールの上に仰向けに寝転がって、ごろごろしてみましょう。
たったこれだけで、背骨の調整を行うことができ疲れをとることができます。
バランスボールがない場合は、孫の手などを使うのもいい方法ですよ。

足に効くマッサージ

これもちょっとした道具を使ったマッサージです。
足は毎日歩くために使われているだけなく、体重を支えるために頑張ってくれている部分です。
ぜひとも癒してあげましょう。

 

まず用意するのはテニスボールやゴルフボールなどのボール。
ボール状で固いものなら大体なんでもOKです。

 

これを足の裏に転がします。
つま先からかかとまでゴロゴロと転がして左右マッサージしましょう。
土踏まずの部分は特に疲れていることが多いので入念にマッサージしましょう。

 

どのマッサージもそうですが、ポイントは力をいれすぎないこと。
マッサージしようとして逆に痛めてしまうこともありますから、
十分注意してマッサージしましょうね。

疲れ対策のためのおすすめサプリ
第1位協和のオルニチン(初回500円)
オルニチン
第2位牡蠣のチカラα(定期初回980円)