体の歪み 疲れ

体の歪みと疲れの関係について

あなたの体、歪んでいませんか?
絶対歪んでいない!と言い切れますか?

 

普段の生活の中で、知らず知らず体を歪ませるようなことをしているかもしれません。
そして、その歪みは疲れにつながってしまうかもしれません。

どんなことで体が歪むのか

あなたは普段の生活の中でこんなことをしていませんか?

  • イスに座ったとき足を組む
  • 横座りやアヒル座りをよくする
  • かばんをいつも同じほうにかけていたり、荷物を同じほうで持っている
  • あぐらや足を組むときいつも同じ方向の足を組む
  • 人と並んで歩くときに常に同じほうにいる
  • 何かを食べるとき同じほうの歯でばかり噛んでいる
  • かかとの高い靴や合っていない靴を履いている

 

このようなことに心当たりがある人は、歪んでいる可能性は高いのです。
ちょっとしたことで人の体は歪んでしまいます。
きちんと「本来あるべき姿勢」でいないと、どんどん体は歪んでいってしまうのです。

歪みが呼ぶ疲れ

では、歪んだことによりなぜ疲れを呼んでしまうのでしょうか。
たとえば、足が歪んでいると歩き方が変わってしまい、体に負担をかけることになりますし、
背骨が歪んでいると本来あるべき姿勢ではない姿勢を取り続けることになり、筋肉が緊張します。

 

こうしたちょっとしたことが疲れの原因になっていくのです。
左右対称ではない偏った動作をすることは人間の体にはよくないことなのです。

 

姿勢による内臓の状態の違い

また、姿勢が悪くなると内臓にも負担をかけることになり、疲れだけでなく病を呼んでしまうこともありますから注意しなくてはなりません。

 

さらに怖いことに体の歪みが呼ぶのは疲れだけではありません。腰痛や近視、集中力や体力の低下など…歪みはマイナスなものをいくつも呼び寄せてしまうのです。

 

歪みを解決することは体全体のためになります。
もちろんその過程で疲れも癒やされていきます。

 

どうにも疲れやすいと思ったら体の歪みを疑ってみましょう。
そして、歪みを改善できるように普段の生活からいろいろな部分に気を配ってみてください。

疲れ対策のためのおすすめサプリ
第1位協和のオルニチン(初回500円)
オルニチン
第2位牡蠣のチカラα(定期初回980円)